無料ブログはココログ

パソコン・インターネット

2012年9月28日 (金)

エルゴノミクスに基づいた入力デバイス

ハードオフのジャンク品で購入した、Microsoft Natural Keyboard Eliteを数年使っている。このキーボードは6tgbキーと7yhnキーのところで、キーが左右に分かれ、25°の角度でハの字に並んでいる。キーボード面がゆるく凹面になっていて真ん中が最も高く、外側(qazキーやpl,キーの方向)に離れるほど微妙に低くなっている。大きなパームレストが一体化している。
キーがハの字に分かれていることで、キーボードに両手を置いたときに水平方向の手首のひねり(橈屈尺屈)が全くない。またキートップとパームレストの高さの違いが適切なため、垂直方向の手首のひねり(伸展屈曲)もない。さらにキーボード面の真ん中と外側の高低差のため、僅かに左手が回外、右手が回内する。つまり、キーボードに両手を置いた時にほぼニュートラルポジションになっている。手や前腕の筋肉に余分な緊張がかからないためか、疲れや痛みが出にくいだけでなく、ミスタイプも少ない。

20120726_002608_2このキーボードの欠点は左右に大きすぎることだ。文字入力だけであれば問題はないのだが、キーボードのホームポジションからマウスが遠いため、マウスを持つために右手を大きく移動させなければいけない。移動が面倒なだけでなく、マウス操作をするときに、右肩を外旋、右前腕を回内させる度合いが大きくなり、負担がかかり操作もしづらくなる。これは、現行機種のMicrosoft Natural Ergonomic Keyboard 4000も同様である。
ノートパソコンと同様で、大きなパームレストの真ん中は、指や手首が接することはなく、使われていない領域である。ここにポインティングディバイスがあれば、手の移動を最小限にしつつ操作ができると考えて、タッチパッドの併用を検討した。ポイントと左右クリックだけでなく、ジェスチャーによるスクロール、ページ移動に対応したものから探した。少し大きすぎるが、ドライバーが不要で汎用性、永続性があることと、無線方式で外観がすっきりしていることから、Logicool Wireless Touchpadを選んだ。
Logicool Wireless Touchpad以外にも、タッチパッド機能とテンキー機能が一体となったもの(エレコムTK-TCT005BKサンワサプライNT-TP01UBK)もあり、有線でUSB接続となるが、ちょうどMicrosoft Natural Keyboard Eliteの左右分割キーレイアウトの真ん中をコードが通る感じになるので、使うことができると思う。

20120726_002629_4セットアップは写真のように、Microsoft Natural Keyboard EliteのパームレストにLogicool Wireless Touchpadを両面テープで緩く固定しているだけである。使用感は、かなり良く、Microsoft Natural Keyboard Eliteとマウスの組み合わせでの課題は解決した。ポイントや左右クリックの操作性は、マウスより劣るが、ジェスチャーによるスクロール、ページ移動の利便性がそれを補って余りある。マウスは外しておらず、Excel等で図形オブジェクトの編集をするときなど、細かい微妙な操作は、マウスを使うが、それ以外は、殆どタッチパッドを使用するようになった。

2011年9月 9日 (金)

ポメラとスマートフォン連携

スマートフォンにBluetoothキーボードを組み合わせて、長文入力をしたいと感じる人は、ポメラを使っている人、使いたいと思っている人とかなり重なっているのではないかと思う。
既にポメラを持っていると、スマートフォンを使用し始めた際に、同じような目的のために、別途Bluetoothキーボードを購入するのはもったいないと感じるし、携帯する機器の数も増やしたくない。ポメラは、重量こそ折り畳みBluetoothキーボードの倍くらいはあるが、携帯用キーボードと割り切れなくもない大きさと重さだと思う。
また入力専用につくられたポメラのほうが、入力作業は快適にできるし、折り畳みBluetoothキーボードは、スマートフォンへの対応が特殊なキー操作で行われていたり、制限事項も多いみたいで、購入するのはしばらく様子を見たい感じである。

最近、Galaxy S2(SC-02C)を購入して、メールなどはフリック入力で入力しているが、ちょっとした長文を打とうとするとかなりストレスと時間がかかる。Galaxy S2の前は、Nokiaの携帯(NM705i)を使っていて、microSDスロットが側面にあって、カードの脱着が容易で、かつポメラで作成したテキストファイルをそのまま読み込めていたので、長文入力でもあまりストレスは感じなかった。
Galaxy S2のmicroSDスロットは、リアカバーを外し、さらに電池パックまで外さないと脱着できない。他のスマートフォン(Xperiaなど)もこのような仕様になっていて、理由は分からないが、microSDカードを介して周辺機器とデータのやり取りをすることは想定していないような気がする。

Galaxy S2が、USBホスト対応(USB On-The-Go)だと分かったので、USBホストケーブルを購入し、ポメラと直結することができれば、microSDカードを介する必要がなくなり、Bluetoothキーボード追加と同等のモバイル環境になるのではないかと思った。見方を変えれば、ポメラに通信機能が追加されると言えなくもない。

Galaxy S2は、接続手順に注意すれば、ポメラ(DM10)と接続できた。 

入力作業は、電池残量を気にせずポメラで行い、必要なものは、Galaxy S2からネットへ転送するため、それぞれの長所が生きて、住み分けができていると思う。