無料ブログはココログ

« SIGMA DP2 テレコンバージョン(その2) | トップページ

2017年5月28日 (日)

SIGMA SD14 / MACRO 50mm F2.8 EX DG

Sdim0050_1280x853
 
2009年10月からSIGMA DP1sを使い始め、2015年4月よりいろいろなコンバージョンレンズを取り付けて、広角から中望遠までの画角で撮影することを試行してきた。SIGMA DP1sにはもともと専用のコンバージョンレンズはなく、他のデジタルカメラや往年のフィルムカメラのために作られた製品を流用するため、様々な収差やケラレが生じ、トリミングで除外しながら、完成させてきた。
2015年9月よりinstagramを始め、同じ頃よりフォトコンテストに出品するようになり、自己表現やコミュニケーションの手段として写真にかかわるようになってきた。求められる写真の品質を得るために、2016年4月にSIGMA DP2を入手して、DP1sとの二台持ちで撮影してきた。
ちなみに、蛇腹の液晶フードや「望遠天狗」FT-80を取り付けたDP、ブラケットで連結された二台のDPは、カメラに興味がある人もなさそうな人も、目に留まるらしく、「それは何というカメラか」とよく声をかけられた。
今回、4月にSIGMA SD14を中古で購入し、父親から譲り受けて一時使っていたNikon F(その後、姪に譲渡)以来、久しぶりに一眼レフを使い始めた。デジタルでは初めてである。理由は、技術向上のために5月から通い始めた写真教室の受講条件が、一眼レフもしくはミラーレス一眼所持となっていたからである。SIGMA DP1s、DP2を使い続けたかったので、一眼カメラを超広角、望遠、マクロ専用機と位置づけ、同じFoveon X3 Fx17-78-F13 Image Sensorを使用したSIGMA SD14とし、まずはDP3 Merrillの中望遠マクロレンズに近い、SIGMA MACRO 50mm F2.8 EX DGを併せてオークションで落札した。いわゆる三台持ちである。SD15ではなくSD14にしたのは、シグマ社インタビューで述べられている独特の発色に興味を惹かれたからである。
 
20170528_120156_1280x960
SD14 / MACRO 50mm F2.8 EX DG
 
MACRO 50mm F2.8 EX DGの標準フード(LH550-02)が落札品には付いていなかったので、別途、購入したが、フルサイズセンサーでの画角を想定しているためか、あるいは近接撮影時のワーキングディスタンスを考慮したためか、SD14に装着した際の、35mm判相当で焦点距離85mmの画角からみると、遮光範囲が不足しているように感じられた。DP1s、DP2の資産を活かすため、八仙堂 ステップダウンリング 55→46mmと、望遠レンズ用フード ねじ込み式 φ46mm 黒色を購入した。SIGMA カメラ用UVフィルター DG UV 46mmを介すると、撮像素子からフード先端までが18.8cmになり、最短撮影距離と同じになった。
以下、SD14とMACRO 50mm F2.8 EX DGによる作例を示す。
 
Sdim0090_1280x853
定点撮影
 
Sdim0054_1280x853
 
Sdim0072_1280x853
 
Sdim0121_1280x853
 
Sdim0126_1280x853
 
Sdim0128_853x1280
 
Sdim0130_853x1280
 
Sdim0131_1280x853
 
Sdim0155_853x1280_2
 
DP1s、DP2、SD14の三台を比較すると、DP2がニュートラルで、DP1sがやや緑色、SD14がやや黄色が強く出る傾向がある。SD14は暖かみのある発色で、シグマ社のインタビューにあるように、コダクロームを好きな人が好みそうな画である。

« SIGMA DP2 テレコンバージョン(その2) | トップページ

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/579474/65338758

この記事へのトラックバック一覧です: SIGMA SD14 / MACRO 50mm F2.8 EX DG:

« SIGMA DP2 テレコンバージョン(その2) | トップページ