無料ブログはココログ

« 2016年8月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年9月

2016年9月20日 (火)

FUJI 望遠Bene(TELE Bene)

Fh000008
 
FUJI 望遠Beneは、1990年に発売された2焦点カメラで、レンズ付フィルムの技術を使って前年に発売されたFUJI Beneをベースとしている。レンズは、それぞれ単玉のフジノン35mm/F9.5と55mm/F9.5で、ミラーで光路を切り替えるようになっており、シャッタースピードは1/100秒固定である。フイルム感度をISO100/200と400の2段階で切り替えるようになっているが、実際はそれぞれF9.5とF13.5の絞りの切り替えである。指定通り切り替えると、ISO100でEV13、ISO200、ISO400でEV12が適正露出となる。
 
20160918_082046_1280x960
FUJI 望遠Bene
 
以下の作例はフジカラーC200を使用し、ほとんどF9.5の基本設定のまま撮影したものである。フジカラーCDでデジタル化している。
 
Fh000001
焦点距離35mm 定点撮影。日没直前で虹も出ていた。
 
Fh000002
焦点距離55mm 定点撮影。
 
望遠と銘打っているものの、55mmという焦点距離は、一眼レフ用交換レンズでは標準レンズの部類であり、注目している対象をフレーミングで切り取るには画角が広すぎることが多かった。以下の作例では、55mmで撮影したものはトリミングを行っている。
 
Fh000010
55mm
 
Fh000013
55mm
 
Fh000015
55mm
 
Fh000017
35mm
 
Fh000020
55mm
 
Fh000026
55mm
 
取扱説明書には、35mmも55mmもパンフォーカスで、撮影距離はそれぞれ1.2m~∞、2.5m~∞となっているものの、遠景はボケているように見える。
推定ピント位置を被写体距離として被写界深度を計算し、撮影距離を算出した結果は、以下の通りである(計算式参照サイト)。
 
許容錯乱円径用の定数1300(1000)<700>として計算
 
焦点距離35mm
絞りF9.5 被写体距離2m 撮影距離1.32~4.13m(1.20~6.08m)
絞りF9.5 被写体距離3m 撮影距離1.69~13.29m(1.50m~∞)<1.23m~∞>
絞りF13.5 被写体距離2m 撮影距離1.15~7.51m(1.02~43.13m)
絞りF13.5 被写体距離3m 撮影距離1.43m~∞(1.23m~∞)
 
焦点距離55mm
絞りF9.5 被写体距離5m 撮影距離3.28~10.47m(2.98~15.60m)
絞りF9.5 被写体距離5.2m 撮影距離3.37~11.39m(3.05~17.72m)<2.59m~∞>
絞りF13.5 被写体距離5m 撮影距離2.87~19.43m(2.54~144.73m)
絞りF13.5 被写体距離5.2m 撮影距離2.93~22.84m(2.59m~∞
 
これらの結果から、仕様上の撮影距離は、許容錯乱円径用の定数を1000とし、甘め(許容錯乱円径を大きめ)に考えた場合の、絞り値F13.5(切替スイッチ表示としてはISO400)での値であり、推定ピント位置は、焦点距離35mmのレンズは3m、55mmのレンズは5.2mあたりではないかと思われる。許容錯乱円径用の定数を1300とし、厳しめ(許容錯乱円径を小さめ)に考えた場合は、焦点距離35mmレンズでF13.5の設定以外では無限遠にピントは合わないため、遠景がボケたように感じられるのかもしれない。
ただしベース機種のFUJI Beneも焦点距離35mm、F9.5のレンズを使っていてF13.5に切り替えは出来ないのだが、仕様上の撮影距離は1.2m~∞となっている。上述の計算式では、許容錯乱円径用の定数を700くらいにしないと仕様通りにはならない。定数を700とすれば焦点距離55mm、F9.5でも撮影距離2.5m~∞となるので、こちらが正解かもしれない。L判やはがきサイズまでのプリントであれば、ボケがあるかの判別はしにくいと思われる。
「写ルンです」は、1987年の二代目よりISO400のフィルムに変わっているが、この機種はISO100/200のフィルムを使えるようにするため、F9.5の設定がある。しかしベース機種のFUJI BeneにはF13.5の設定はなく、ISO400のフィルムもF9.5、1/100秒で使用するし、最新(2016年時点)の写ルンですシンプルエース(ISO400フィルム使用)も、F10、1/140秒の設定なので大きな差はない。
想像として、F13.5は焦点距離55mmレンズのために設けられたが、適正露出を担保するためISO400フィルム専用設定とし、人物撮影が主な撮影シーンと考えられる本機では、ISO100/200フィルムでの焦点距離55mmレンズの遠景ボケはおおむね支障ないと割り切ったのではないだろうか。風景撮影などでは、焦点距離55mmのレンズを使用する場合は、F9.5で撮影距離を17m以内とするか、F13.5で撮影した方が良いと思われる。

« 2016年8月 | トップページ | 2016年11月 »