無料ブログはココログ

« SIGMA DP1s テレコンバージョン(その2) | トップページ | SIGMA DP1s テレコンバージョン(その4) »

2015年5月22日 (金)

SIGMA DP1s テレコンバージョン(その3)

Sdim7171_1280x854

TC-E2の使用感を改善する傍ら、よりケラレのないテレコンバージョンレンズを探すうちに、コンパクトデジタルカメラの小さなセンサー向けに作られたレンズよりも、フルサイズセンサーと同じ35mmフィルムカメラ向けに作られたレンズの方が、広いイメージサークルで結像するのではないかと考えた。さらにズームレンズの望遠端を伸ばす用途ではなく、標準か広角レンズ用に設計されているものが理想である。1980年代前半に、当時の主流であった焦点距離38mm位のレンズをもつオートフォーカスカメラ向けにコンバージョンレンズが多く作られており、ネットオークションでも数百円から千数百円で出品されていた。キャノンやコニカ、富士フィルムのカメラ向けに多数のメーカーから販売されていたが、外観をみると殆どがOEMであり、主にZykkorの製品と思われる。フィルター径46mmのFUJICA AUTO-7用に作られた、ACTAR AUX. TELEPHOTO LENS FOR AUTO-7をヤフオクで落札した。

20150509_233806_1280x960
DP1s HA-11 TELE/AUTO-7

Sdim7119_1280x853_5
DP1s

Sdim7121_1280x853
DP1s TELE/AUTO-7

倍率の記載がないが、撮影画像からみると、1.3倍で焦点距離37mm(35mm判換算値)相当と思われる。四角がわずかにケラレているが、それよりも周辺の収差の方が気になる。収差が無視できるほどの視野に限定すると、各辺1/2程度の大きさになり、1.3倍の倍率と掛け合わせると、2.6倍の焦点距離75mm(35mm判換算値)相当になる。ボケ味はそれほど期待できないが、dp3と同程度の画角になる。収差を許容すれば、各辺4/5程度でトリミングすると、1.6倍の焦点距離45mm(35mm判換算値)相当になり、dp2と同程度の画角になる。

Sdim7174_1280x852
DP1s TELE/AUTO-7 1/2トリミング
Sdim7179_855x1280_2
DP1s TELE/AUTO-7 1/2トリミング

1/2までのトリミングを前提とすれば、カメラの大きさ、重量とのバランスもよく、このレンズを携帯するだけで、焦点距離28㎜から75mm(35mm判換算値)までの画角をカバーできるので都合がよい。しかし如何せん30年前のオールドレンズであり、標準のレンズやTC-E2と比べると、少し眠たい感じの画質である。

« SIGMA DP1s テレコンバージョン(その2) | トップページ | SIGMA DP1s テレコンバージョン(その4) »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/579474/61626076

この記事へのトラックバック一覧です: SIGMA DP1s テレコンバージョン(その3):

« SIGMA DP1s テレコンバージョン(その2) | トップページ | SIGMA DP1s テレコンバージョン(その4) »