無料ブログはココログ

« 2013年4月 | トップページ | 2015年1月 »

2013年6月

2013年6月16日 (日)

SOC(首尾一貫感覚)と内発的動機づけ

NHKのEテレで、ダニエル・ピンクのプレゼンテーション「やる気の謎解き」が放送されていた。ダニエル・ピンクによれば、創造性を必要とする現代の職場で、持続するやる気を引き出し,活気のある職場や社会を実現するには、内発的動機づけが重要で、そのために3つの要素、自主性(autonomy)、熟達(mastery)、目的(purpose)が鍵になる。

【内発的動機づけに必要な3つの要素】
自主性(autonomy): 人生の舵を自分でとる
熟達(mastery): 価値ある技術を磨き続ける
目的(purpose): 自分より大きな何かのためになる

この2009年のプレゼンテーションは、TEDのサイト(ダニエル・ピンク「やる気に関する驚きの科学」)で観ることができる。書籍としては、『モチベーション3.0 持続する「やる気!」をいかに引き出すか 』として、2010年に訳本が刊行されている。

しばらくして、録画を見返した後、ふと自主性、熟達、目的という3つの要素と、SOC(Sence of Coherence)を構成している3つの感覚とは、共通性があると感じた。
アントノフスキー博士によって着想されたSOCとは、「ストレス対処能力SOC」などの解説によれば、直訳すれば、首尾一貫感覚、つまり、自分の生きている世界は首尾一貫している、筋道が通っている、訳がわかる、腑に落ちるという感覚である。SOCが高い人は、ストレス対処能力・健康保持能力が高く、その後の健康状態も良いといわれている。SOCは、把握可能感、処理可能感、有意味感という3つの感覚からなっている。この一見、わかりづらい3つの感覚を、蝦名玲子氏が、「困難を乗り越える力」などの著作で、わかる感、できる感、やるぞ感、という、わかりやすい言葉で表現されている。

【SOCを構成する3つの感覚】
把握可能感(sense of comprehensibility、わかる感): 自分の置かれている、あるいは置かれるであろう状況がある程度予測でき、または理解できるという感覚
処理可能感(sense of managerability、できる感): 何とかなる、何とかやっていけるという感覚
有意味感(meaningfulness、やるぞ感): ストレッサーへの対処のしがいも含め、日々の営みにやりがいや生きる意味が感じられるという感覚

自主性と把握可能感、熟達と処理可能感、目的と有意味感は、関連が深いと思う。例えば、自主性が尊重されれば、把握可能感が高まる。また熟達することによって、処理可能感が高まり、目的があれば有意味感を持つことができる。つまり職場や社会で、内発的動機づけに必要な3つの要素が上手く働くことによって、個人のSOCを構成する3つの感覚が高まり、SOCが向上するのだと思う。

2013年6月 1日 (土)

セイコー キネティックの電池交換

1994年に購入したセイコーSpirit(5M22-6B70)は、キネティックの初期の製品で、フル充電で72時間駆動するタイプですが、1年位前から、身に着けずに1日放置すると止まるようになってしまいました。時計を振ればすぐに動き出すので、二次電池(キャパシタ)が劣化していると思われました。18年も経って、まだ1日分は蓄電できるので電池寿命は長い方だと思います。近所の時計店へ持って行ったところ、おばさんから「このタイプは電池交換できない。どんどん振ってください。」と言われてしまいました。
ネットで調べると、時計店では電池交換できず、メーカー送りになり、費用も1-2万円かかるとか、古い型式では部品がない場合もあるようなので、おばさんの言ったことは、ある意味、適切なアドバイスだったかもしれません。
さらに調べると、5M系キャリパー用の二次電池がオークションで購入できるということが分かり、自分で交換してみようと思い立ちました。時計のケースもよく確認せず、二次電池と時計工具を注文しました。
いざケースの裏蓋を開けようとすると、裏蓋がありません。ワンピースケースと呼ばれるタイプで、素人では電池交換は無理な構造であることが分かり、一度諦めたものの、やはり購入した電池と工具が無駄になることに耐えられず、とにかくやってみることにしました。
結果からいうと電池交換はできたのですが、ノントラブルではできなかったので、大切にしている時計であれば、お金を出して、メーカー送りを検討したほうがいいと思います。
手順は以下のリンクをみてください。

セイコー キネティック(AGS)の二次電池交換

今回の二次電池交換で、多分、キャリパーの機能は5M2系から5M6系相当にアップグレードしたのではないかと思います。もともと「電池交換不要」という先進性に惹かれて、キネティック(AGS)を購入したので、性能向上はうれしい反面、何だか味気なく感じます。
キネティック(自動巻き発電システム)は、クォーツ時計に自動巻き機械式時計の仕組みを組み合わせたものです。それは、フル充電で72時間しか駆動しない、初期の製品(5M2系等)の方が実感しやすく、フル充電で1週間駆動する5M4系、6ヶ月駆動する5M6系と進化するにつれ、電池式のクォーツ時計との違いが実感しにくくなります。今回の作業を通して、キネティック関連のサイトを見ているうちに、身に着ける人の生命活動によって時計が動いていることが分かる感覚も大事、と感じるようになりました。

« 2013年4月 | トップページ | 2015年1月 »